ごめんなさいアナタ…~初めてをキモ義父に奪われて…~

初めてをキモ義父に奪われた新妻。

義父の要求はどんどんエスカレートして…。

初めて感じる快楽にもてあそばれ、夫の居ぬ間に新妻は義父のものへ堕ちてゆく…

エッチを楽しみたいからやっているそうです。

ローションつけてのバイブ攻撃にしっかり目を閉じて集中。

クンニや手マンで刺激されると思わず喘ぎ声が漏れる新妻。

ローターを使用して玩具アクメを迎え。

舌でじっくりとマンコを刺激され。女が無防備に寝ていたら悪戯したくなるのが男の性ですよね。

陰毛を全て剃りパイパンなる始末。と口走りながら夢中でフェラチオ。

早速服を脱がしてみると黒ずんだおっぱいが露わに…。

苦手なバックでガンガンに突きまくられ。・・・

私は義父の肩にもたれました。

どちらからともなく、キスをしました。

激しく長いキスでした。

優しい舌使いと優しく髪を撫でる大きな手に、私は感じてしまいました。

罪悪感はなく、ただ快感と興奮だけがありました。

上半身を裸にされ、乳首をしつこくせめられました。

チロチロと舐めたり、チュッとすったり、舌全体を使ってべろんと舐めたり。

おっぱいだけで30分くらい攻められ、乳首が一番感じる私は、早くおちんちんを入れて欲しくて、あそこはビチョビチョでした。

そして下半身も脱がされて十分に舌と指で愛撫され、ようやくおちんちんが私の中に入ったのは、1時間ちょっとしてからでした。

義父のは60代とは思えないほど硬く、また夫よりも大きいモノでした。

割れ目に沿って先っぽを何度もクリとアナルの方まで往復し、刺激します。

私の中でおちんちんが硬くなり、射精が近くなった事を感じました。

私はつい「中にして」

と言ってしまいました。

そして力強く、激しく突かれ、私の中に義父の精子がたっぷりと注がれました。

その瞬間、「あぁぁ・・やってしまった・・」

という後悔と、嫌悪感を自分と義父に抱きました。